貸ホール・貸室

  1. 多目的ホール(通常利用)座席表
  2. 多目的ホール(展示利用)
  3. スタインウェイ・グランドピアノ(セミコン)
  4. 控室(二部屋)
  5. 調整室(音響・映像・照明)
  6. 親子室
  7. カフェ
  8. セミナールームA・B(1階)

お知らせ

もっと見る

営業時間

営業時間
  • 9:00 ~ 21:00
休館日
  • 12月29日~翌年1月3日

料金表

種別/区分 午前 午後 夜間 全日
9:00~12:00 13:00~17:00 18:00~21:00 9:00~21:00
多目的ホール
(通常利用)
平日 入場無料のとき 9,000 13,500 16,200 36,000
入場有料のとき 1,000円以下 12,600 18,900 22,600 50,400
1,001円~3,000円 14,400 21,600 25,900 57,600
3,001円~5,000円 16,200 24,300 29,100 64,800
5,000円超 18,000 27,000 32,400 72,000
土、日、祝日 入場無料のとき 10,800 16,200 19,400 43,200
入場有料のとき 1,000円以下 15,100 22,600 27,100 60,400
1,001円~3,000円 17,200 25,900 31,000 69,100
3,001円~5,000円 19,400 29,100 34,900 77,700
5,000円超 21,600 32,400 38,800 86,400
多目的ホール
(展示利用)
入場無料のとき - - - 18,000
入場有料のとき 1,000円以下 - - - 25,200
1,000円超 - - - 36,000
控室 控室1 360 540 640 1,440
控室2 420 630 750 1,680
セミナールーム セミナールームA 1,200 1,600 1,200 -
セミナールームB 600 800 600 -
オープンテラス 1,500 2,000 1,500 -
クッキングスタジオ 1,500 2,000 1,500 -
健康スタジオ 1,800 2,400 1,800 -
野外ステージ 1時間 1,000円
ウェルネスパーク 単位 金額
行商、募金それに類する行為 1日 1,500
業として写真又は映画を撮影する行為 写真機1台につき1日 300
映画撮影1日 10,000
興行を行う行為 1日 10,000
競技会、展示会、博覧会その他これらに類する催しのためウェルネスパーク 1m²につき1日 1
全部または一部を独占する行為
  1. 多目的ホールにおける展示利用とは、昇降ステージ及び移動閲覧席を収納し、平場にした状態で展示会を行う場合を示します。
  2. 取手市外の方は、上記の150%のご料金となります。
  3. 営利宣伝その他これに類する目的で利用する場合には、基本利用料金の220%となります。
    尚、市外の方は基本料金の330%となります。
  4. 午前及び午後又は午後及び夜間を引き続き利用する場合における中間時間については利用料金を徴収しません。
  5. 利用時間がその区分に満たない場合であっても、当該区分の利用料金を徴収します。
  6. 利用時間には、準備及び原状回復の時間を含むものとします。
  7. 納付すべき利用料の額に10円未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てます。

連続利用可能期間

多目的ホール 通常利用 5日間
展示利用 14日間
セミナールームA・B 1日間
クッキングスタジオ 1日間
健康スタジオ 1日間
オープンテラス 5日間
控室1・2 5日間

施設の利用は1回の利用にあたり、引き続いて定めの利用期間を超えての利用が出来ません。

利用区分

貸切利用
  • 多目的ホール、控室1・2、セミナールームA・B、オープンテラス、クッキングスタジオ(土足厳禁)、健康スタジオ(土足厳禁)
個人利用
  • トレーニングジム(土足厳禁)、シャワー・ロッカールーム(土足厳禁)、キッズプレイルーム(土足厳禁)、駐車場

予約j状況

平成29年5月1日現在の予約状況(※最新の状況と異なる場合があります)
2017年5月 2017年6月 2017年7月 2017年8月 2017年9月 2017年10月
2017年11月 2017年12月 2018年1月 2018年2月 2018年3月 2018年4月
2018年5月

空き状況が「×」となっている場合は、既に予約済みです。掲載している空き状況データと実際の予約状況にはタイムラグがありますので、「×」となっていなくても予約できるとは限りませんのでご了承ください。最新の空き状況については窓口またはお電話(0297-71-2122)でご確認ください。

予約について

予約可能時期
多目的ホール 通常利用 12ヶ月前 14日前
展示利用 6ヶ月前 14日前
セミナールームA・B 3ヶ月前 3日前
クッキングスタジオ 3ヶ月前 3日前
健康スタジオ 3ヶ月前 3日前
オープンテラス 6ヶ月前 14日前
ウェルネスパーク 6ヶ月前 14日前
野外ステージ 6ヶ月前 14日前

利用申請フロー

  1. 利用申請について
    1. 利用者登録申請
      利用にあたり、利用者登録申請書の提出をすることで、事前に登録することが出来ます。
    2. 利用団体登録申請
      団体に関しては、事前に団体登録をすることが出来ます。
      利用者登録(新規・変更)申請書(A)
      利用者登録(新規・変更)申請書ダウンロード ワード形式 PDF形式
    3. 利用申請
      • 施設利用にあたり、直接来館し、利用申請書を提出、利用料金全額をお納めください。その際に、利用許可書の交付及び領収書の発行を行います。
      利用申請書(B)
      対象施設 ワード形式 PDF形式
      下記以外の施設用
      利用申請書ダウンロード
      ウェルネスパーク用
      利用申請書ダウンロード
      野外ステージ用
      利用申請書ダウンロード
    4. 附属設備等利用許可申請
      多目的ホールの利用にあたり、施設の付属設備(照明設備、音響設備)を利用する場合は、附属設備等利用許可申請書の提出が必要になります。許可の際に、附属設備等利用許可書が交付されます。
      附属設備等利用許可申請書(C)
      附属設備等利用許可申請書ダウンロード ワード形式 PDF形式
    5. 特別設備利用等申請
      多目的ホールの利用にあたり、特別な設備又は変更を加える場合には特別設備利用申請書の提出が必要になります。(原則禁止です)
      特別設備利用等申請書(D)
      特別設備利用申請書ダウンロード ワード形式 PDF形式
    6. 控室1・2の利用については多目的ホール、セミナールームA・Bのいずれか1施設以上とともに申請してください。
    7. トレーニングジム、シャワー・ロッカールーム、キッズプレイルーム、又は駐車場を利用しようとする者は利用申請書の提出を省略することが出来ます。
  2. 利用許可の順位
    1. 施設の利用許可は申請(利用料金全額納付が前提です)の順に行い、申請が同時に行われた場合、協議又は抽選により決定します。
  3. 催物の進行、施設の使用の方法等の打ち合わせ
    1. 多目的ホールを利用しようとする利用者は、利用日の10日前までに、指定管理者と施設等の利用方法その他必要な打ち合わせをしてください。
    2. 事前打ち合わせをする際には、利用者はプログラム・式次第等利用の順序・内容等が明らかになる書類及び入場券等、入場料金が分かる書類を持参してください。
  4. 整理員の配置
    1. 多目的ホールを利用しようとする利用者は、施設の利用に際し、施設内外の秩序維持及び危険防止のため、必要な整理員を配置するようにしてください。
  5. 利用後の点検
    1. 利用者は利用が終わった時点で、届け出をして点検をしてください。
    2. 利用者及びその利用目的によって入館した者が施設等を損傷し又は滅失した場合には、当該利用者は届け出をして点検をしてください。
      また、その施設等を損傷し又は滅失が利用者の責めに帰すべき理由の場合には、その損害を賠償していただきます。
  6. 利用の不許可
    1. 公の秩序若しくは善良の風俗に反し、又は公衆の衛生を害する行為
    2. 他の利用者に危害を及ぼし、又は他の利用者の迷惑となる行為
    3. ウェルネスプラザの施設、設備又は備品を損傷し、汚損し、又は滅失する行為
    4. 許可のない広告物の掲示若しくは配布、看板若しくは立て札の設置又はこれらに類する行為
    5. 施設の管理上支障があると認められる行為
    6. 指定管理者が施設の設置目的に反するものとして特に禁止する必要が あると認められる行為
    7. ※上記禁止行為に該当する恐れがある場合には利用を許可をしないことがあります。その他、指定管理者が施設の利用を不適当と認めた場合も利用を許可しないことがあります。
  7. 権利の譲渡等の禁止
    1. 利用者は、施設の利用の許可に係る権利を譲渡、又は転貸してはいけません。
  8. 利用許可・利用許可の取り消し
    1. 指定管理者は利用許可に際し、管理上必要があると認められた場合には条件を付けることが出来きます。
    2. 上記条件に違反した場合、偽りその他不正の手段により利用の許可を受けた場合、「取手市立取手ウェルネスプラザの設置及び管理に関する条例」に又は条例に基づく規則に違反した場合、指定管理者が管理上特に支障があると認められる場合は利用許可の取り消しを行います。利用許可を取り消しする際には、文書によって利用者に通知します。緊急を要する場合に限り、口頭により通知します。

変更・キャンセル・還付申請

全額還付 50%還付
多目的ホール 通常利用 180日前 20日前
展示利用 180日前 20日前
セミナールームA・B 30日前 7日前
クッキングスタジオ 30日前 7日前
健康スタジオ 30日前 7日前
オープンテラス 180日前 20日前
控室1・2 180日前 20日前

還付・減免申請

還付・減免請フロー

  1. 還付
    1. 還付の定め
      1. 利用者の責によらない理由で利用出来なくなった場合は全額還付します。
      2. 多目的ホール、控室1・2、及びオープンテラスについて利用日の利用日前180日までに利用取り消しを申し出た場合は全額還付します。
        (利用日の180日前が休館日にあたる際には、当該日の直前営業日)
      3. 多目的ホール、控室1・2、及びオープンテラスについて利用日の利用日前20日までに利用の取り消しを申し出た場合は50%還付します。
        (利用日の20日前が休館日にあたる際には、当該日の直前営業日)
      4. セミナールームA・B、クッキングスタジオ、及び健康スタジオについて利用日の利用日前30日までに利用の取り消しを申し出た場合は全額還付します。
        (利用日の30日前が休館日にあたる際には、当該日の直前営業日)
      5. セミナールームA・B、クッキングスタジオ、及び健康スタジオについて利用日の利用日前7日までに利用の取り消しを申し出た場合は50%還付します。
        (利用日の7日前が休館日にあたる際には、当該日の直前営業日)
    2. 利用の不許可
      還付を申し出る際には、使用料還付申請書・使用料還付請求書・利用許可書を提出してください。
      使用料還付申請書・使用料還付請求書
      使用料還付申請書・使用料還付請求書(F)
      ワード形式 PDF形式
      使用料還付申請書ダウンロード
      使用料還付請求書ダウンロード
  2. 減免
    1. 使用料減免
      1. 市が主催若しくは共催して行う催事等に利用する場合は免除します。
      2. 市立学校が教育の一環として事業を行うために利用する場合は免除します。
      3. 市以外の官公署等が主催若しくは共催する公益目的事業で、主として取手市民を対象とする場合には免除します。
      4. 市が主催する乳幼児健診に参加する場合に係る駐車場の使用料金は免除します。
      5. その他市長が特別の理由があると認めた場合は免除又は5割減額します。
    2. 付属設備使用料の減免
      1. 市が主催若しくは共催して行う催事等に利用する場合は免除します。
      2. 市立学校が教育の一環として事業を行うために利用する場合は免除します。
      3. 市以外の官公署等が主催若しくは共催する公益目的事業で、主として取手市民を対象とする場合には免除します。
      4. その他市長が特別の理由があると認めた場合は免除又は5割減額します。
    3. )減免を申し出る際には、施設使用料・利用料金減免申請書を提出してください。
      施設使用料・利用料金減免申請書
      施設使用料・利用料金減免申請書(G)
      施設使用料・利用料金減免申請書ダウンロード ワード形式 PDF形式
    4. )減免の申請があった場合には、減額又は免除の可否を決定し、施設使用料・利用料金減免許可決定通知書を申請者に通知します。

注意事項

取手ウェルネスプラザのみ

  1. )多目的ホールの「展示利用」とは、展示会等での利用で、ステージや観覧席を利用しない形態です。
  2. )「入場有料のとき」とは、入場料その他会員券、整理券やこれらに類する券の対価としての料金(以下「入場料」)を徴収する場合で、その場合の利用料金は、入場料の最高金額の区分で決定します。
  3. )市民以外が利用する場合の利用料金は、利用料金の150%です。ただし、キッズプレイルームと駐車場利用の利用料金は除きます。
  4. )営利宣伝その他これらに類する目的の催物のため利用する場合の利用料金は次の通りです。
    1. 多目的ホール…入場無料の項に規定する使用料の220%の額
    2. 控室、セミナールームA・B、オープンテラス、クッキングスタジオ、健康スタジオ…左表に規定する利用料金の220%の額
  5. )午前から午後、午後から夜間を引き続き使用する場合、中間の時間の利用料金は徴収しません。
  6. )利用時間がその区分の時間に満たない利用の場合でも当該区分の利用料金を徴収します。
  7. )利用時間には、準備及び原状回復の時間を含みます。
  8. )納付すべき利用料金の額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てます。